横浜市港北区日吉駅近くの心療内科・精神科

ひよしの丘クリニック

神奈川県横浜市港北区日吉本町1-23-14厚川ビル4階
東急東横線・グリーンライン日吉駅徒歩1分

診療時間

月火金 10:00~13:00 / 15:00~19:00
 水  10:00~13:00
 土  09:30~12:30 / 14:00~17:00

 休診日  
木・日・祝日

お気軽にお問合せください

045-564-0226

社交不安障害、あがり症、対人恐怖症

大勢の前でスピーチしたり、初対面の人と話したりするとき、緊張して不安になることは誰もが経験することです。 しかし、このような状況を恐れるあまり、それを避けようと学校や職場に行けなくなるなど日々の生活に支障が出るような場合は、社交(社会)不安障害を疑ってみる必要があります。

◎どのような病気でしょうか

日本で「対人恐怖症」「あがり症」「赤面恐怖症」と呼ばれていた大部分がこの病気にあたります。初対面の人との対話、人前でスピーチしたり文字を書いたりといった、人の注目を浴びる状況を過度に不安に感じたり、顔が真っ赤になる、脈が速くなり息苦しくなる、めまいや吐き気、汗をかくなどの自律神経症状が現れます。そのような状況を避けようと学校や職場を休むなど、日常生活に支障がでるような場合は、「社会(社交)不安障害」が疑われます。多くは思春期から成人早期に現れますが、単なる恥ずかしがりやの性格と思って我慢し、何年も悩んだ末にやっと医療にかかるケースも少なくありません。

◎どのような治療をするのでしょうか。

この病気には、薬物療法と精神療法が並行して行なわれます。原因の一つに脳内セロトニン系のバランス異常が指摘されており、最近は抗不安薬やβ遮断薬の他、SSRI(選択的セロトニン取込阻害剤)が多く使用されています。

精神療法としては、不安や緊張を感じる思考過程を修正する認知療法や、不安が生じる状況に段階的に自らを直面させ、少しずつ慣らしていく行動療法などがあります。

病状に合わせて薬物療法と精神療法をうまく組み合わせることが大切です。

 

ご予約・お問合せ

045-564-0226
  • 電話受付は、午前および午後の診察開始15分前から診察終了までです。恐れ入りますが、お問い合わせ、ご予約は受付時間内にお願いいたします。
  • 次回の予約は、おひとりにつき1枠しか取れません。最新の予約のみ有効となりますのでご了承下さい。
  • 初診の受付は原則として、診察終了時刻の60分前、再診は30分前までにお済ませください。(それ以降の受付では診療できない場合がございます。ご了承ください。)

診療時間

●診療時間
≪月火金≫
10時~13時/15時~19時
≪水≫
10時~13時
≪土≫
9時半~12時半/14時~17時

●休診日 木・日・祝日

 
午前 × ×
午後 × × ×